👨🏻‍🔧

csvを使って顧客にポイントを一括で追加する

CSVのフォーマットについて

以下のヘッダー(カラム名)を用意して、中に必要データを埋めてください。各カラムの説明は以下に記載しています。

サンプル

customer_idtitlepointexpired_atcreated_at
121212121212
ポイント獲得
100
2022-11-30T00:00:00+09:00
2021-12-01T00:00:00+09:00
131313131313
ポイント獲得
40
2022-11-24T00:00:00+09:00
2021-11-25T00:00:00+09:00
121212121212
会員登録
10
2021-10-04T00:00:00+09:00
2021-10-01T00:00:00+09:00

customer_id

その顧客のShopify上の顧客IDを入力してください。Matrixify などのツールを使うことで、顧客をShopifyへ移行した後に全ての顧客をID付きで出力することができます。Shopifyに存在しない顧客IDが指定されている場合はその行の移行がスキップされます。

title

顧客のポイント履歴に表示されるタイトルを入力してください。タイトルはそのポイントの増減の理由を表しているものが好ましいです。

point

追加するポイント数を入力してください。

expired_at

ポイントの失効日を入力してください。日付のフォーマットは ISO 8601 です。

(例: 2021-12-02T00:00:00+09:00 )

※日本の日付フォーマットのタイムゾーンは+09:00なので間違えないようにお願いします

created_at

このポイントの増減が発生した日時を入力してください。日付のフォーマットは ISO 8601 です。(例: 2021-12-02T00:00:00+09:00 )

※日本の日付フォーマットのタイムゾーンは+09:00なので間違えないようにお願いします

ポイント移行を行う際の注意点

  • Shopifyに存在しない顧客に対してポイントを付与することはできません
  • 一度付与したポイントを削除することはできません。元の数値に戻すためにはポイント減算を行なってください
  • 0ポイントやマイナス値のポイントは付与されずスキップされます
  • 有効期限が過去の日付の場合も付与されずスキップされます
  • CSVの文字コードはUTF-8に設定して共有してください