🚀

アプリ公開までのステップ

💡

アプリ公開までの流れについて確認しましょう。

Appifyアカウントを作成し、初期設定を行う

公式サイトからアカウントを作成し、アプリの作成を始めましょう。

Appleのアカウントを取得する

💡

Apple IDを取得しましょう。すでにお持ちの場合はそちらを使うことも可能です!Apple Developer Accountの取得は必須となります。

Apple IDを取得し、Apple Developer Programの登録を行いましょう。登録が完了したらAppify公式LINEよりお知らせください。

次のステップに進むタイミングで、公式サイトに登録した際に届く「アプリケーション作成完了」メールに記載されている「Application ID」が必要になります。もし「Application ID」が記載されているメールが届いていない場合はその旨をサポートチームにお知らせください。

Appleアカウントを連携する

💡

Appleアカウントを共有して連携を完了しましょう。アカウント情報は漏洩しないように適切に管理されておりますのでご安心ください!

取得したAppleのアカウントをAppifyに連携しましょう。こちらのステップはサポートチームと一緒に行う必要があります。

AppStoreに表示する内容を決める

アプリの作成が完了したら、AppifyのサポートチームからAppStoreに表示するアプリの内容についてのフォームが届きます。アプリの魅力が伝わる内容を考えましょう。こちらの情報が完了するとアプリがAppleの審査に提出されます。

審査に提出すると、ショップオーナー様だけが先にアプリをダウンロードできるリンクが発行されます。こちらもAppifyサポートチームがお届けいたします。

アプリを公開する

Appleの審査が完了するとアプリがストアに公開されます。通常2~3営業日ほどで審査が行われます。