💡

プッシュ通知を送る時に気を付けるべきポイント

💡

この記事では、お客様にアプリのプッシュ通知を送信する時に気を付けるべきポイントをご紹介します!

アプリがAppStoreに公開されると、アプリをご利用のお客様にプッシュ通知を送ることが可能になります。でも、いざプッシュ通知を送るとなると「なにを送ったらいいかわからない」、「なにを気をつければいいの?」と悩みますよね。この記事では、「どういうプッシュ通知を送るべきなのか?」「気をつけるべきポイントはなんなのか?」についてご説明したいと思います。

プッシュ通知のメリットとは?

💡

プッシュ通知は、お客様に直接リーチして情報を届けることができます

アプリを運用するにあたり、プッシュ通知は最も効果的にお客様へリーチできる手段の一つです。新商品の公開やセール情報など、お客様が気になる情報をリアルタイムで届けることでアプリを開くきっかけを作ることができます。

どんなプッシュ通知を送るといいの?

💡

お客様に伝えたい情報を、可能な限りシンプルな文章で届けましょう

プッシュ通知の内容は、お客様にとってメリットのある情報である必要があります。このメリットは大きく「 お客様が知りたい情報を届ける」と「 情報のリマインドを行う」の2種類にわかれます。

  • お客様が知りたい情報を届ける

    「新商品の公開」や「近日行われるセールの情報」などがこれにあたります。これらの情報を可能な限りシンプルな文章にして送るように心がけましょう。

    プッシュ通知は50文字の文字数制限が設定されています。文字が多いプッシュ通知は瞬時に読むことができません。長さも20~30文字以内がオススメです!絵文字なども積極的に使っていきましょう。

  • 情報のリマインドを行う

    例えばセール開始の1週間前にお客様にセール開始のお知らせプッシュ通知を送ったとしましょう。これを見たお客様の中で「なんか買いたいな」と思った方がいたとしても、カレンダーにメモする方は少ないと思います。もしかしたら忘れてしまい、セールを逃してしまうかもしれません。

こういった時に送るべきプッシュ通知が「情報のリマインド」を行うプッシュ通知です。セール開始の10分前にリマインドする通知を送ってあげることで、忘れてたお客様にセールのリマインドすることができ、より多くのお客様がセールに参加することができます!

プッシュ通知を送る頻度はどうすればいい?

💡

不要不急なプッシュ通知は避けましょう😷

プッシュ通知を使ってお客様とコミニケーションをとる際は、一方的にならないことを心がける必要があります。これは、どれだけ好きな人からでもしつこくメッセージが来ると鬱陶しく感じてしまうのに似ていて、過度なプッシュ通知はお客様にネガティブな印象を与えることになってしまいます。

プッシュ通知を送る上での最適な頻度というものは存在しませんが、お客様にとって本当にメリットのある情報だけを送るように心がけましょう👍🏻

何時に送信したらいいの?

💡

お客様の属性に合わせて臨機応変に変えていきましょう

普段から集客に利用しているメールやSNSのデータから最適な時間帯を見つけましょう。

image