二段階認証の設定

二段階認証の設定

作成したApple IDの二段階認証の設定を行う必要がございます。二段階認証とは第三者にパスワードを知られてしまったとしても

アカウントを乗っ取る事ができないようにする仕組みの事です。以下の手順にしたがって設定を完了してください。

2ステップ確認の設定

image
💡

ステップ 1 ○で囲われている2ステップ確認から利用を始める...をクリックして設定をはじめてください。 もし表示されている画面が左側の写真と異なっている場合はこちらのページを開いてApple IDでログインを行ってください。

image
💡

ステップ 2 続けるをクリックします。

image
💡

ステップ 3 自分の電話番号を入力してください。指定した電話番号に4桁の確認番号が届きます。 入力したら続けるをクリックしてください。

image
💡

ステップ 4 届いた4桁の確認コードを入力して、続けるをクリックしてください。

image
💡

ステップ 5 続けるをクリックしてください。

image
💡

ステップ 6 画面真ん中の黄色い枠に表示されている復旧キーをメモして保管してください。 次の画面で確認の入力が行われます。メモをしたら続けるをクリックしてください。

image
💡

ステップ 7 メモを取った復旧キーを入力して確認をクリックしてください。

image
💡

ステップ 8 左下の☑️チェックマークにチェックを入れて「2ステップ確認を有効にする」をクリックしてください。

二段階認証の設定

ここからの設定はiPhoneもしくはMacbookから行います。各端末ごとに設定方法を記載してありますので確認しながらすすめてください。

iPhoneで設定を行う場合

iPhoneの設定アプリを開いてください。

image
image
💡

ステップ 9 iPhoneの設定アプリを開いて、一番上のセクションからiPhoneにサインインを行ってください。 先ほど取得したApple IDでサインインが行えます。すでにお持ちのApple IDでサインインがされている場合は ステップ11 まで飛ばしてください。 ご利用するApple ID以外のアカウントでサインインされている場合は一度サインアウトしてからこのステップを行ってください。

image
image
image
💡

ステップ 10 サインインを行うと「アカウントセキュリティをアップグレード」という画面が表示されます。画面の指示に従ってアップグレードを行ってください。 表示されずにサインインが完了した場合は次のステップへ進んでください

image
image
💡

ステップ 11 サインインされてる状態だと左側のApple IDの画面が表示されます。丸の中の「パスワードとセキュリティ」をタップしてください。 表示された画面で2ファクタ認証が「オン」になっていることを確認してください。もしオフになっている場合は、その下の2ファクタ認証を有効にするを押して、画面の指示に従ってオンにしてください。

Macbookで設定を行う場合

以上で、全てのステップが完了となります。このままApple Developer Programの登録へ進みましょう。