Appify 、Androidアプリ作成機能公開のお知らせ&第一弾として『End of the World』の公式アプリに導入

Appify 、Androidアプリ作成機能公開のお知らせ&第一弾として『End of the World』の公式アプリに導入

ー 他言語対応により世界中のユーザーが利用可能に ー

株式会社Appify Technologies(本社:東京都港区、代表取締役:福田 涼介)は、Shopifyで構築したオンラインショップの公式アプリがノーコードで簡単に作成できる「Appify for Shopify」にてAndoridアプリの作成が可能になったことをお知らせいたします。また第一弾としてSEKAI NO OWARIのグローバルプロジェクト『End of the World』の公式アプリに導入されました。

image

「End of the World | Official Shop & Merch」について

日本のみならず多くの海外ファンを持つEnd of the World。本公式アプリは、彼らの世界観を表現するオリジナルのグッズを販売するだけでなく、アプリ特有の通知機能を用いて新着情報やニュースをいち早くファンにお知らせすることが可能です。また今回アプリのアップデートを行い、アプリ内の文字表記を多言語対応いたしました。世界中に存在する「End of the World」のファンの皆様も、ご自身で希望した言語にて公式アプリをご覧いただけます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面しているアーティストにとって、グッズ販売はオフラインのライブに変わる貴重な収入源となっています。Appifyは今後も、様々な形で活動を続けるアーティストの皆様を支援して参ります。

「Appify for Shopify」Androidアプリ作成機能について

「Appify for Shopify」は月額98ドルで、ストア公式アプリを最短2週間で提供することができるサービスです。アプリ作成の初期費用は一切不要で、デザイン機能を用いてショップオーナー様の世界観を十分に表現したオリジナルECアプリの作成が可能です。またアプリからの購入情報や配送情報はすべてShopifyに統合されるため、オーナー様は面倒な連携作業の負担なくアプリの提供をはじめることができます。

※Android作成機能は既存のショップから随時ご利用可能となる予定です

※ Google PlayでAndroidアプリを公開するには、1 回限りの登録料($25 USD)が必要になります

Appify Technologies について

株式会社Appify Technologiesは、月額1万円未満のサブスクリプション型でアプリをかんたんにノーコードで作成できる『Appify(アッピファイ)』を提供しているスタートアップ企業です。コロナ禍で需要が拡大するBASEや日本での導入が加速しているShopify、サブスクリプション型モデルで支援を募ることができるCAMPFIRE Communityといったプラットフォームと連携し、様々なネイティブアプリの作成を可能にしています。また2020年秋には総額2億円の資金調達も発表いたしましました。この資金を基に更なるサービス価値向上のためエンジニアを中心とした採用を強化していきます。

会社概要

株式会社Appify Technologies 東京都港区六本木7-3-12 六本木インターナショナルビル5F 代表取締役社長:福田 涼介 会社ホームページ:https://appify-inc.com

本件に関する連絡先

株式会社Appify Technologies 福田 company@appify-inc.com