🔓

利用規約

第1条 定義

本規約(以下2号にて定義します。)において、以下の用語は、該当各号に定める意味を有するものとします。

  1. 「本サービス」とは、第4条に規定するサービスをさします。
  2. 「本規約」とは、本サービスの利用規約をさします。
  3. 「当社」とは、株式会社Appify Technologiesをさします。
  4. 「お客様」とは、本サービスを利用する全ての者をさします。
  5. 「本アプリ」とは、お客様が本サービスを利用し作成したスマートフォン用アプリケーションをいいます。

第2条 本規約の適用

当社が提供する本サービスをお客様が利用する場合、お客様は本規約の内容に同意したものとし、本規約の内容は、当社とお客様の間の契約(以下「本サービス利用契約」といいます。)の内容として適用されます。

第3条 本規約の変更

  1. 当社は、本規約の全部又は一部を任意に随時変更することができます。本規約が変更された後の当社とお客様の間の契約内容は、変更後の新利用規約に従うものとします。
  2. 当社は、前項の変更を行う場合は、14日以上の予告期間を置いて、変更後の新利用規約の内容をユーザーに通知又は本サービスを提供するアプリ上に表示するものとし、当該通知又は表示後にユーザーが本サービスを利用した場合又は当該予告期間内に解約の手続きを取らなかった場合、ユーザーは変更後の本規約に同意したものとみなします。ただし、変更が軽微でユーザーに特に不利益にならないと当社が判断した場合は、通知しないものとします。
  3. ユーザーが変更後の規約に同意できないときは、前項の予告期間中に本サービス上の所定の手続きにより当社に通知することによって、利用契約を解約することができます。

第4条 本サービスの概要

本サービスの名称はAppify(アッピファイ)といい、当社がお客様に対し、スマートフォン用アプリの開発・運用を支援するサービスです。

第5条 本サービスのアカウント開設

  1. 本サービスの利用を希望する者は、本規約を承諾の上、所定の方法で会員登録及び本サービスの利用を申し込むものとします。
  2. 当社は申し込み内容に関して、登録希望者に本人確認のための資料その他の資料の提出を求めることがあります。
  3. 登録希望者が未成年である場合は、親権者等の法定代理人の同意を得た上で本サービスの利用手続きを行う必要があります。また本サービスの利用手続きにおける登録希望者の情報はすべて真正かつ正確な情報である必要があります。

第6条 本サービスのアカウント開設申請の却下

  1. 登録希望者が以下のいずれかに該当する場合、若しくは該当すると当社が判断した場合、当社は、該当登録希望者からの前条の申し込みを承認しないことがあります。
    1. 過去に本規約の違反等により、本サービスの会員資格の取り消し、除名処分が行われている場合
    2. 所定の本サービスのアカウント作成手続きを行わなかった場合
    3. 本サービスのシステムの運営に支障をきたす可能性がある場合
    4. 登録希望者が当社の競合他社等である場合
    5. 本サービスの営業を妨害した場合
    6. 登録情報又は提出資料に正確でない情報又は虚偽の情報が含まれている場合
    7. 電話番号を不正に使用した場合
    8. 暴力団等反社会勢力に属していると認められた場合、又は関係者のうちに暴力団等反社会勢力に所属する禁止行為を行なった場合
    9. 本規約に規定する禁止行為を行なった場合
    10. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    11. その他、当社及び他の会員に不利益をもたらすおそれがあると当社が判断した場合
    12. その他、当社が登録希望者を会員として登録することが不適切と判断した場合
  2. 前項各号のいずれかに該当する登録希望者の行為により、当社又は第三者が損害を被った場合、登録希望者は、当社及び第三者に対して一切の損害を賠償するものとします。

第7条 本サービスのアカウント

  1. すべての本サービスのアカウントは当社所定の方法で認証が行われている必要があります。お客様は、電話番号その他お客様が本サービスに登録する一切の情報に変更が生じた場合は、速やかに本サービス内の会員専用ページにて、当該変更を届け出る必要があり、メール又はお問い合わせフォームその他の本サービス内の会員専用ページを通した方法以外の方法で届け出ることはできないものとします。
  2. 本サービスのアカウントに関する一切の権利は、お客様に一身専属的に帰属します。お客様はこれらの権利を第三者に譲渡、貸与又は相続させることはできません。またお客様は本サービスのアカウントを第三者に使用させることはできません。
  3. お客様が登録されているメールアドレス及びパスワードを失念した場合、本サービスの利用ができなくなることがあります。また当社はそれによって生じた損害については一切の責任を負いません。
  4. お客様は、自らの管理責任により、アカウント及びパスワードを不正利用されないように厳格に管理するものとし、アカウント及びパスワードが不正利用されたことによってお客様に生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。当社は、お客様のアカウントを通じて行われた本サービスの利用行為については、すべてお客様本人が行ったものとみなします。
  5. 当社は、当社が別途定める期間、本サービスを一切利用しない者のアカウントを削除できるものとします。

第8条 本サービスアカウントの停止

  1. お客様が以下の各号のいずれかに該当する又はそのおそれがあると当社が合理的に判断した場合、当社は、お客様に対する本サービスの提供を直ちに中止し、何らの催告なく、お客様に対して本サービスの利用を停止、除名処分その他必要な措置を講じることができるものとします。当社によってお客様の除名処分が講じられた場合、当社とお客様の間での本サービスに関連する一切の契約は解除されるものとします。
    1. 虚偽の申告をした場合
    2. 本規約に違反する行為を行なった場合
    3. 法令又は関連する規則に違反する行為を行った場合
    4. 公序良俗に違反する行為を行った場合
    5. その他当社が不適切と判断する行為をお客様が行った場合
  2. 前項に基づいて当社がお客様に講じた措置によりお客様に損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。また会員契約が解除された場合、当社は、本サービス上に登録されたお客様のデータ等を当社のサーバーから削除できるものとします。
  3. お客様が本サービスの利用を終了し、アカウントの削除を希望する場合には、本サービス内で当社所定の方法により行うものとします。

第9条 利用料

  1. 会員は、本サービス利用の対価として、当社が別途定める月額利用料を、当社が別途定める方法で支払うものとします。
  2. 月の途中において本サービス利用契約が開始又は終了した場合も、お客様は、月額利用料の全額を支払うものとします。
  3. 当社は、利用料金を改定する場合があり、このとき、当社は変更後の利用料金の適用を開始する7日前までにお客様に通知するものとします。お客様が変更後の利用料金の適用の開始までに本サービス利用契約の解除を行わなかった場合、お客様は利用料金の変更に同意したものとみなします。

第10条 アプリ内決済

本アプリ上において、お客様と本アプリのユーザーとの間で生じる代金決済について、お客様は別途当社が指定する方法によらなければならないものとします。

第11条 知的財産権等

  1. 本サービスに関する当社のシステムに含まれる一切のプログラム、コンテンツ及び情報に関する著作権その他の知的財産権は当社にすべて帰属し、著作権法、商標法、意匠法その他の法令等により保護されます。
  2. お客様自身が本アプリ上に掲載した著作物はお客様又はお客様に権利を許諾した第三者に権利が留保されるものとします。お客様は、当該著作物を当社が本サービスの運営、広告及び宣伝のために自由に利用することを許諾したものとします。

第12条 本サービスの一時的な中断

  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部又は一部を中断する場合があります。当該中断に関連してお客様に生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。
    1. 本サービスの運営に必要な機器類 (以下「システム」といいます。)に、本サービスの利用者に影響を及ぼすおそれのある不具合が発生した場合若しくは不具合があると推測された場合。
    2. システムの保守、修理、点検を定期的又は緊急に行う場合
    3. 災害等の不可抗力によって、本サービスの提供ができなくなった場合
    4. 法令による規制、司法命令等が適用された場合
    5. その他、当社が、運営上若しくは技術上、本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
  2. なお、当社は、本条に基づき当社が講じた措置に起因してお客様又は他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。また、当社は、業務上の都合により、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。当社は、本サービスの廃止を行う場合には、その1ヶ月前までにその旨を当社が適当と判断する方法によりお客様に通知します。

第13条 お客様の責務

  1. お客様は、本規約の内容を理解し、これを厳守するものとします。
  2. お客様は、本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、お客様は自己の責任と費用をもってこれを解決するものとします。
  3. お客様は、本サービスを利用するために必要な通信機器やソフトウェア、通信回線等の全てをお客様の責任とお客様の費用で準備し、利用するものとします。

第14条 当社の責務

  1. 当社は、本サービスが円滑に提供されるようシステム・運営体制を維持することに努めます。
  2. 本サービスの内容には、本アプリのソースコードその他の情報の全部又は一部をお客様に引渡すことは含まれません。

第15条 当社の免責

  1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の不適合(特定の目的への適合性、完全性、安全性、正確性、有用性、法令適合性、欠陥等を含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、お客様に対して、かかる不適合を除去して本サービスを提供する義務を負いません。
  2. 当社は、本サービスを起因してお客様に生じたあらゆる損害について、当社に故意又は重過失のない限り一切の責任を負いません。なお、当社に故意又は重過失がある場合においても、当社は、特別な事情から生じた損害(当社若しくはお客様が損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負わず、当社がお客様に対して行う損害賠償の額は、当該損害が発生した月において当社がお客様から本サービスの利用料として現実に受領した金額を上限とします。
  3. 本サービスに関する当社とお客様の間の契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、前項は適用されません。その場合、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりお客様に生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社若しくはお客様が損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりお客様に生じた損害賠償の額は、当該損害が発生した月において当社がお客様から本サービスの利用料として現実に受領した金額を上限とします。
  4. 当社は、本サービスの内容、お客様が本サービスを通じて得る情報等及びオンサービスから他のウェブサイトやアプリへ遷移した場合の該当ウェブサイトの内容について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。
  5. お客様は、本サービスと連携する第三者の提供するサービスの障害その他の外部的事情により、本サービスが正常に動作しない可能性があることにつき承諾するものとします。当該事情によりお客様に生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。
  6. お客様は、自らの責任で本アプリのデザイン、コンテンツ及び内容を決定するものとします。当社は本アプリを原因として生じたお客様と第三者の間のトラブル又は第三者間のトラブルについて一切責任を負わず、お客様が自らの責任と費用でこれを解決するものとします。

第16条 本サービスの終了

  1. 当社は、天災地変、社会情勢の変化、法令の改廃、その他技術上又は営業上の判断等の理由により、本サービスを全面的に終了することがあります。この場合、当社所定の方法により法令に基づき利用者に周知する措置を講じます。
  2. 当社が、本条に基づいて本サービスを終了した場合、当社はお客様に対して一切の責任を負いません。

第17条 損害賠償

  1. お客様が、本規約への違反によって当社に損害を与えた場合には、その一切の損害(合理的な弁護士費用を含みますが、それに限られません。)を直ちに当社に賠償する責任を負うものとします。
  2. 本規約上の当社の責任を免責する規定にかかわらず、消費者契約法その他の理由により、当社がお客様に対して損害賠償責任を負う場合のうち、当社に故意又は重大な過失がない場合については、その損害賠償額は、損害の事由が発生した時点から遡って1か月の間に当社がお客様から本サービスに関して現実に受領した金額の総額を上限し、特別な事情から生じた損害については一切賠償責任を負わないものとします。

第18条 遅延損害金

お客様が当社に対して負担する金銭債務の弁済を遅延したときは、弁済期の翌日から支払い済みに至るまで、年14.6%の割合による遅延損害金を支払わなければならないものとします。

第19条 個人情報等の保護

  1. 当社が取得したお客様の個人情報その他のプライバシー情報は、別途定める当社のプライバシーポリシーに従って適切に取り扱われます。
  2. 当社は、システムの故障その他のトラブル等に対処するため、お客様の個人情報等のデータを複写することがあります。

第20条 業務委託

当社は、当社が必要と認めたときは、本規約に基づく本サービスに関する業務の全部又は一部を第三者に委託することができます。

第21条 権利譲渡

  1. お客様は、当社が本規約上の地位及び本規約に基づく権利及び義務の一部又は全部を第三者に対し、譲渡することができることについて、あらかじめ同意するものとします。
  2. お客様は、本規約上の地位及び本規約に基づく権利又は義務の全部又は一部を第三者に対して譲渡若しくは移転などを行うことはできないものとします。

第22条 反社会的勢力でないことの表明・確約

  1. お客様は、自らが現在及び将来にわたり、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ若しくは特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)ではないこと、又は資金提供その他を通じて、反社会的勢力の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流若しくは関与を行っていないことを表明し確約するものとします。
  2. 当社は、お客様が前項に違反している疑いがあると認めた場合、本サービスの利用申込みを拒否し、お客様のアカウント利用を制限し、又はお客様のアカウントを削除することができるものとします。お客様は、当社が当該措置を講じたことにより、お客様に損害が生じた場合にも、お客様は、当該損害について当社に対して請求しないものとします。
  3. お客様が第1項に違反したことにより、当社に損害が生じた場合、お客様は、当社に対して、一切の損害を賠償する責任を負うものとします。

第23条(秘密保持)

  1. お客様及び当社は、本サービスに関して知り得た営業上又は技術上その他業務上の一切の情報(以下「秘密情報」という。)を、相手方の事前の書面による承諾なしに、第三者に開示又は漏洩してはならず、また職務の遂行のためにのみ使用するものとし、他の目的に使用してはならないものとします。なお、秘密情報の開示の方法は、書面、口頭、電磁的媒体等その態様を問いません。
  2. 前項の規定にかかわらず、次の各号に該当する情報は、本契約における秘密情報には該当しません。
    1. 開示を受けた際、既に公知となっている情報
    2. 開示を受けた際、既に自己が保有していた情報
    3. 開示を受けた後、自己の責によらずに公知となった情報
    4. 正当な権限を有する第三者より守秘義務を負うことなく取得した情報
    5. お客様から開示された情報を利用することなく独自に開発した情報
  3. 第1項の規定にかかわらず、当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、相手方の書面による承諾なしに、秘密情報を第三者に開示することができます。
    1. お客様又は当社並びにその関係会社の役職員又は弁護士、会計士若しくは税理士等に対して、職務の遂行のために必要な範囲で秘密情報を開示する場合。但し、開示を受ける者が少なくとも本条に定める秘密保持義務と同様の秘密保持義務を法令又は契約に基づき負担する場合に限るものとします。
    2. 法令等(金融商品取引所の規則を含む。)の規定に基づき、政府、所轄官庁、規制当局、裁判所又は金融商品取引所により秘密情報の開示を要求又は要請される場合に、合理的に必要な範囲で当該秘密情報を開示するとき。なお、かかる場合、当社は、お客様に対して、かかる開示の内容を事前に(それが法令等上困難である場合は、開示後可能な限り速やかに)通知しなければならないものとします。

24条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して有効に存続し、当該無効若しくは失効不能とされた条項又はその一部の趣旨及び法律的経済的に同等の効果が確保されるよう解釈されるものとします。

第25条(準拠法)

本規約の準拠法は日本法とします。

第26条(裁判管轄)

本規約に基づく取引に関して、当社とお客様との間に紛争が生じた場合、訴額のいかんにかかわらず、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。